FXに関する税金

FXの基礎知識

東京金融取引所

OTC業者

白色申告

青色申告

確定申告

確定申告を行う条件

雑所得の合算

含み損

利益に対する税率

くりっく365での損失

FXで節税するために

くりっく365を利用する

必要経費

口座を分割する

法人化

複数の口座を利用する

脱税に関する事件

被害総額224億円

3年間で11億円の脱税

3人で9億の脱税

小学校校長に懲役1年6ヶ月

脱税の金額は10億円にも上る

FXで使用される用語

レバレッジ

スワップ

スワップ金利

テクニカル分析

通貨ペア

税金対策に適した業者

外為どっとコム

外為オンライン

DMM.com証券

ひまわり証券

くりっく365

確定申告を行う条件 FXの税金に関する疑問を解決!

確定申告

確定申告を行う条件

FXによって一定の条件を満たす収入を得ている人は、確定申告によって税金を納める必要が出てきます。その条件を知ることで無駄の無い納税が可能となり、効率のよい収入を上げることが可能となるのです。

確定申告の必要となる条件の最も代表的なものとして、年間の所得金額があります。一般的にFXなどの雑所得による収入が、年間20万円を超える人は確定申告の必要のあるものとされていますが、その他にも確定申告が必要となる条件がいくつかあります。

例えば年収が2000万円以上になる人はたとえFXなどの雑所得が20万円以下であっても、個別に確定申告を行う必要があるほか、複数の会社から給与所得を受けている人なども確定申告による納税を行う必要があるものとされています。そのほかの特殊な例としては、災害減免法によって所得税の還付を受けた人や、外国の在日公館に勤務する人のうち、所得沿いを源泉徴収されない決まりとなっている人などが、確定申告を行う人ということになっています。

基本的にこれ等の条件に当てはまる人はごく少数となるために、多くの人は確定申告を行う必要の無いものとして考えられています。給与所得による納税以外での確定申告の必要性としては、医療費などの還元が受けられる場合などに、個別に確定申告を行う必要があるなどのことがあります。

FXなどの雑所得による収入が、年間20万円を超えることで確定申告による納税の必要のあるものとされるのは、上記の条件のうち、複数の会社から給与所得を受け、その年間収入が20万円を超えるという、確定申告を必要とする条件に該当するためであるとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) FXの税金に関する疑問を解決! All Rights Reserved