FXに関する税金

FXの基礎知識

東京金融取引所

OTC業者

白色申告

青色申告

確定申告

確定申告を行う条件

雑所得の合算

含み損

利益に対する税率

くりっく365での損失

FXで節税するために

くりっく365を利用する

必要経費

口座を分割する

法人化

複数の口座を利用する

脱税に関する事件

被害総額224億円

3年間で11億円の脱税

3人で9億の脱税

小学校校長に懲役1年6ヶ月

脱税の金額は10億円にも上る

FXで使用される用語

レバレッジ

スワップ

スワップ金利

テクニカル分析

通貨ペア

税金対策に適した業者

外為どっとコム

外為オンライン

DMM.com証券

ひまわり証券

くりっく365

雑所得の合算 FXの税金に関する疑問を解決!

確定申告

雑所得の合算

確定申告によって雑所得の税金を支払う際に、複数の雑所得を得ている人はその複数の雑所得を合算していいものかどうかということで迷うことが多いといわれています。例えば2つの業者からFXの取引を行っている際に、1つが赤字で1つでは利益を得ることができるようになった場合には、最終的な合計金額から出た税金の金額を支払うだけで良いのか、それとも黒字になった分の金額に対する税金を支払わなければならないのかで、その金額は大きく変わってきてしまうことになります。

雑所得の合算に関しては、同じ業種のものに限って認められているものとされています。例えば、同じFXを2つの業者によって行っていた際に片方が赤字であり、もう片方で黒字が出たとします。その場合は2つの業者によって得た利益の合計金額で納税をすることができ、最終的にその収入金額が年間20万円に満たなかった場合には、確定申告を行う必要はなくなります。

しかしこれが、例えばFXと同時に株による収入を得ていた場合、FXのほうで赤字を出してしまい株が黒字であった場合には、株で得た黒字の金額が20万円以上の場合に株で得た金額の確定申告を行い、納税を行う必要が出てきます。

つまりどのような種類の雑所得が合算が可能であり、どのようなものが不可能であるかを考えてFXなどの投資を行うことで、支払うべき税金は大きく変わってくることになるために、最終的な収入にも大きく影響してくるものとされています。効率よく収入を上げるためには、自身が行おうとしている投資や副業などが、どのような業種に分類されているのかを知っておくことが重要になるのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) FXの税金に関する疑問を解決! All Rights Reserved