FXに関する税金

FXの基礎知識

東京金融取引所

OTC業者

白色申告

青色申告

確定申告

確定申告を行う条件

雑所得の合算

含み損

利益に対する税率

くりっく365での損失

FXで節税するために

くりっく365を利用する

必要経費

口座を分割する

法人化

複数の口座を利用する

脱税に関する事件

被害総額224億円

3年間で11億円の脱税

3人で9億の脱税

小学校校長に懲役1年6ヶ月

脱税の金額は10億円にも上る

FXで使用される用語

レバレッジ

スワップ

スワップ金利

テクニカル分析

通貨ペア

税金対策に適した業者

外為どっとコム

外為オンライン

DMM.com証券

ひまわり証券

くりっく365

OTC業者 FXの税金に関する疑問を解決!

FXに関する税金

OTC業者

くりっく365に代表される取引所取引に対して、FXは店頭での取引が行われていることでも知られています。店頭取引を行うための業者はOTC業者といわれ、総合課税という税金の対象として扱われ、その中でもFXによる収入は雑所得という課税対象の一つとして扱われます。

FXによって得られる収入は、大きく分けて為替差益とスワップポイントの二つが存在しますが、個人が行っているFXの場合はスワップポイントは評価損益という形で計算されるために、課税の対象とならないこともあります。しかし業者によってはスワップポイントが実現損益として考えられることもあるためにスワップポイントが課税の対象として考えられることもあります。

全てのFX取引を行っている人が、1社のみの契約でFXを行っているものとは限りません。そのために、中には店頭取引を取引所取引を同時進行で行っている人も存在します。そういったときには、店頭取引で行ったFXによる収入と取引所取引で行ったFXによる収入を分けて考え、個別に納税をする必要が出てくるものとされています。

店頭取引によるFXの課税対象となる期間は1月1日から12月31日までの1年間で発生したFXによる収入であり、多くの場合FXを行った業者から取引損益の一覧表が送られてくることになりますので、それを参考にして、課税額を知ることができるようになっています。

そのほか給与所得者は年間の収入が20万円以下、専業主婦などの場合には年間38万円以下の収入の場合は雑所得の課税対象にならないという特例があるために、確定申告の際には十分に理解しておくことが重要とされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) FXの税金に関する疑問を解決! All Rights Reserved