FXに関する税金

FXの基礎知識

東京金融取引所

OTC業者

白色申告

青色申告

確定申告

確定申告を行う条件

雑所得の合算

含み損

利益に対する税率

くりっく365での損失

FXで節税するために

くりっく365を利用する

必要経費

口座を分割する

法人化

複数の口座を利用する

脱税に関する事件

被害総額224億円

3年間で11億円の脱税

3人で9億の脱税

小学校校長に懲役1年6ヶ月

脱税の金額は10億円にも上る

FXで使用される用語

レバレッジ

スワップ

スワップ金利

テクニカル分析

通貨ペア

税金対策に適した業者

外為どっとコム

外為オンライン

DMM.com証券

ひまわり証券

くりっく365

必要経費 FXの税金に関する疑問を解決!

FXで節税するために

必要経費

FXには多額の所得税がかかることで知られていますが、FXによって挙げられる収入の全てが、課税の対象になっているわけではなく、一部課税対象とならないFXによる収入も存在することになっています。その最も代表的なものが必要経費による出費であり、必要経費の対象となるものが多ければ多いほど、税金の対象となる金額は少なくなるために必要経費の申告は確定申告の際に重要な役割を果たすことになるのです。

必要経費というのはわかりやすく言うと、その収入を得るために支払った支出のことを指し、例えばFXの場合には、代表的なものとなるのがFXの効率的な収入の上げ方を学ぶために参加したセミナーの代金や、書店で購入した資料の代金などが代表的な必要経費による支出となります。

そればかりではなくインターネットを使用して取引を行った場合には、そのパソコンの価格や、プロバイダとの契約料の一部も必要経費の一つとして数えることができるものとされています。

しかしインターネット接続やパソコンなどは、当然FX以外の目的でも使用されるものであるために、何処までを必要経費にするのかという判断の特に難しいものであるとされています。

何処までを必要経費として考え課税の対象からはずすかは、最終的に税務署の判断が必要なものとなるために、最初に税務署にどのようなものが必要経費として考えられるのかを申請し、その許可を得ることが必要となっています。 確定申告を行う前に、必要経費として扱われるものを探し、税務署への申請を行うことがとても重要なことであるとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) FXの税金に関する疑問を解決! All Rights Reserved