FXに関する税金

FXの基礎知識

東京金融取引所

OTC業者

白色申告

青色申告

確定申告

確定申告を行う条件

雑所得の合算

含み損

利益に対する税率

くりっく365での損失

FXで節税するために

くりっく365を利用する

必要経費

口座を分割する

法人化

複数の口座を利用する

脱税に関する事件

被害総額224億円

3年間で11億円の脱税

3人で9億の脱税

小学校校長に懲役1年6ヶ月

脱税の金額は10億円にも上る

FXで使用される用語

レバレッジ

スワップ

スワップ金利

テクニカル分析

通貨ペア

税金対策に適した業者

外為どっとコム

外為オンライン

DMM.com証券

ひまわり証券

くりっく365

口座を分割する FXの税金に関する疑問を解決!

FXで節税するために

口座を分割する

FXにおける税金というものは、最低でも20%というかなり高額な税率がかけられることになります。そのために、節税対策を積極的に行うことは、効率よく利益を上げるためには必要不可欠なものであると同時に、少しの工夫で支払う必要のある税金を大幅に削減することが可能となるのです。

代表的な節税の方法として挙げられるのが、複数の名義を持った口座に副収入となる金額を分割して受け取るということです。複数の名義というものは例えば家族の名義を持った口座のことを指し、使用していない口座を有効活用することが、節税のために役立つことになるのです。

多くの場合FXによる収入でかかる税金は、全体的な収入の20%となっています。これは年収50万の収入があったとしたら、10万は税金として収める必要があり、自分の手元には40万の収入にしかならないということになってしまいます。

しかしこの50万を17万ずつ3つのそれぞれ名義の異なる口座に振り込むことによって、確定申告を行う条件である年収20万円を下回る金額となるために、一切の税金を支払う必要がなくなることになります。具体的には1人につき年間20万円までは確定申告を行う必要が無いために、3人であれば年間60万円までという大規模な猶予が生まれることになるのです。

この方法を使用する際に問題となるのが、複数用意する口座は必ず家族などの、自分以外の人の口座を用意する人数分必要となるということです。同じ名義の口座が複数あるだけでは雑所得が合算されてしまうために、所定の税金を支払う必要が出てきてしまうということです。

スポンサードリンク

Copyright (C) FXの税金に関する疑問を解決! All Rights Reserved